キンドルアンリミテッドが英語の勉強におすすめできる7つの理由

 

Kindle  Unlimitedって英語の勉強に使える?

そんな疑問にお答えします。

Kindle Unlimitedは英語の勉強にかなり使えます。

Kindle unlimitedとはアマゾンによる電子書籍読み放題サービスです。月額たったの980円で、120万冊以上の本が読み放題です!

筆者ウマコは、unlimitedを2年以上使っていますが、英語やその他の語学勉強にぴったりです。

この便利さを他の方にも知ってほしい、と思いKindle unlimitedが英語の勉強におすすめのポイントを書くことにしました。

<この記事の内容>

・英語勉強のお供に役立つキンドルアンリミテッドのおすすめポイントを7点ご紹介します。

Kindle unlimitedが英語学習におすすめの理由

おすすめの理由1.英語の語学本が豊富にある

英語の勉強本が豊富にあります。「英語」と検索すると文法、発音、単語などたいてい一通りの本がkindle unlimitedで見つかります。

古い本や人気のない本ばかりじゃないの、と思うかもしれませんが、中にはベストセラーなどの人気本もあります!

例えば「世界一わかりやすい英文法授業」こんな本も読み放題です。

1冊1400円以上するので、この本をダウンロードすればunlimitedの元がとれてしまいます!

また英語やスペイン語などの各言語で本を読むことができます。

ウマコは子供向けの英語語の本をダウンロードして読んでみました。途中で読むのを挫折しましたが・・。

しかし、読み放題でたった980円しか払っていないので後悔しません♪

おすすめの理由2. 分からない単語をその場で検索できる

英語の本を読んでいて素晴らしいと思ったのは、分からない単語をすぐに検索できることです!

調べたい単語の箇所を指で長押しして選択すると、その単語の意味を表示してくれます。

電子辞書を持ち歩かずにどこでも英語の本を読むことができます。

おすすめの理由3.本を買わなくて良いので節約になる

unlimitedを始めてから本を買う回数が減り節約にもなっています。

欲しいと思った本はまずunlimitedにないか調べます。あればラッキーですが、ない場合はそれに関連する本も調べればたいていの場合見つかります。

立ち読みする感覚で本をダウンロードして読んでみると、内容に満足してしまい、欲しかった本が不要になったなんてことがよくあります。

おすすめの理由4.場所をとらない

出張の際必ず本は持ち歩きますが、かさばるし鞄が重くなるのがネックでした。

しかしkindleにすれば薄い本1冊分の重さで本棚ごと持ち歩くことができます。

電子書籍にする前は読まなくなった本は処分したり、売ったりしていましたが、その手間もなくなりました。

おすすめの理由5.辞書代わりに使える

何か調べ物をする時ネットで調べますよね。

もっと深く知りたいと思った時や信ぴょう性のある情報が欲しいと思った時はさらに本で情報収集することもあるかと思います。

そんな時に本屋さんに行って、本を探して、、となると時間もお金もかかります。unlimitedがあれば家にいながら本を見つけることができます。

また関連する本をダウンロードして、さっと読んでみることができます。立ち読みをする感覚で必要な情報だけ読むことができます。辞書で知りたいことをさっと探すような感覚です。

例えば、海外の取引先のお客さんがニュージーランドから来る場合、その国のガイドブックを買って情報を調べます。

本屋さんで買ったら1冊1000円位しますが、unlimitedには観光ガイドブックもあるのでお得です!

下記はunlimitedで実際に読んだ本です。

おすすめの理由6.複数の端末で使える

私は現在3台の端末でunlimitedを使用しています。

スマホ、タブレット、キンドルの端末です。月額の申し込みは1件だけです。

家で読むときは大きい画面、外ではスマホで、などと使い分けられるのでとても便利です。

おすすめの理由7.雑誌も読める

ほんだけでなく、豊富な雑誌もunlimitedに含まれています。普段は買わないような雑誌も、読み放題だったら気軽にダウンロードできます。

例えば、「日本と世界の経済状況はどうなのかな」と思ったら「週刊Newsweek」をダウンロードしてみて経済の動向なんかを斜め読みすることもできます。

下記が実際にダウンロードした本です。

Kindle Unlimitedを利用する注意点

Kindle Unlimited読み放題サービス、いいことばかりで悪い点はないの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

あまり思いつかないのですが、いくつか注意点をあげてみます。

読み放題で一度に読めるのは10冊まで

一度にダウンロードできる本は10冊までです。

10冊目以降の本をダウンロードする際は、どれか1冊削除する必要があります。キンドルの中に本棚があり、そこに保管できるのは10冊までというイメージでしょうか。

10冊を超える場合はどれか削除すればほぼ無限にダウンロードすることができます。

10冊少ないと思うかもしれませんが、たいてい10冊目をダウンロードする頃には初め頃にダウンロードした本は「積読(つんどく)」になっています。

どれか削除してもまたダウンロードすればいいだけなので、何ら支障はありません。

自動更新される

一度申し込むと、翌月も自動で更新されます。忙しくて本を読めない時でも課金されてしまいます。読み放題でダウンロードした本は消えてしまいますが、いつでも解約することもできます。

本は自分のものにならない

現物の本を買うと、手元に残りいらなくなったら売ることもできます。しかしunlimitedは会員になっている間だけ端末上で読めるものなので、実質自分の手元には残りません。

大事な本は現物の本を買うまたは別に金額を払って電子書籍を購入するなど使い分けると良いと思います。

以上、unlimitedの魅力を紹介させて頂きました。キンドルはたった980円で本が読み放題になる素晴らしいサービスです。こんなに安い投資はないと思います。

気になる方は30日間の無料でお試し体験することができますよ!

このunlimitedの魅力が伝わり、皆さんの勉強のお役に立てれば嬉しいなと思います。

[word_balloon id=”1″ position=”L” size=”M” balloon=”freehand” name_position=”under_avatar” radius=”true” avatar_border=”false” avatar_shadow=”false” balloon_shadow=”true”]記事の中で紹介している本は実際にkindle unlimitedでダウンロードした本です。読み放題の本の種類は変動しますよ。[/word_balloon]